日本アジアグループとは

日本アジアグループ(2015年東証一部上場)は、「地球規模でグリーン・コミュニティを創造する」企業です。「Save the Earth, Make Communities Green」を掲げ、安心で安全、そして持続可能なまちづくりで社会に貢献するという企業理念と、それを実現するため、市場・顧客の満足度を高める試みを、想像力を駆使し、企業家精神を持って対応する、これを誠実に実行することを習い性とする行動基準をお示しして、進むべき方向をお伝えしております。

私たちが大切にしていることは、第1に未来へ向けて先を読む力。常に一歩先を考えること、そして変化への対応力と柔軟性が重要と考えています。第2は伝統の力です。空間情報事業の中核を担う国際航業は、創業から70年を超える豊富な実績があります。自らの専門性と強みを活かし、社会が抱える課題を解決し、信頼を得てまいりました。そして第3は総合力です。技術力・営業力・資金調達力などグループ企業がお互いにサポートし合いながら、シナジー効果を発揮し事業を展開できるという強みです。

グループ全体の事業では、気候変動に「適応」と「緩和」の両対策で貢献することを目指しております。近年、災害の激甚化の頻度とその規模はますます激しくなり、2020年初から明らかになった新型コロナウイルス感染症の拡大(パンデミック)により地球規模で大きな影響を受けております。こうした状況からも、改めてSDGs行動の大切さを私たちは教えられます。感染症への適応もあらたに考慮し、2C (Corona+ Climate Change)+SDGsを事業戦略の中心に据え、既存事業の成長に加えて、次の時代を担う事業発掘をこれまで以上に進める考えです。

日本アジアグループは、主体性を持って物事に取り組み、創造力豊かで、行動に責任を持てる人材(財)・仲間を応援し、常にお迎えする扉を開けています。「グリーン・コミュニティを創造する」フィールドで、私たちとともに新しい時代を築いていきませんか。