トップページグループ事業紹介

グループ事業紹介

日本アジアグループは、国際航業株式会社を中心とする「空間情報事業」、JAG国際エナジー株式会社を中心とする「グリーンエネルギー事業」、そして、近代化林業を目指す「森林活性化事業」を通して、地球規模でグリーンコミュニティの実現を目指しています。

空間情報事業
最先端の空間情報技術を活用し国土保全、防災・災害復興、行政支援など社会インフラの整備・構築や民間ビジネスの業務効率化を実現
グリーンエネルギー事業

森林活性化事業
地理空間情報技術の活用による国産材の安定供給体制の構築と、森林資源に対する新たな需要の創出を通じて、林業および 木材関連産業の成長産業化を推進

グリーン・コミュニティ Green Communities

空間情報事業
国内および海外における空間情報技術や国土デザイン技術を利活用したコンサルティングサービスに加え、官民協働によるPPP/PFI事業やアセットマネジメントをはじめとする自治体へのファイナンス的側面への支援を強化し、防災や減災技術を活用した災害に強いまちづくり、再生可能エネルギーを活用した社会インフラの再構築などを通じたグリーン・コミュニティを実現。

空間情報事業の詳細

グリーンエネルギー事業
欧州と国内での太陽光発電所の開発実績と知見に加え、グループの総合力を活用することで、地域特性を踏まえた再生可能エネルギー施設を自ら企画し、資金調達から計画、設計、建設、運営まで一貫して実施。

エネルギー関連事業

環境・エネルギー時代に求められる安全安心なエコタウン開発、公共資産や民間資産の省エネ・創エネ化、リノベーションによる資産活用など、これからの時代が求める不動産ソリューションを提供し、環境価値の創出と資産価値の向上を実現。

プロパティ関連事業

森林活性化事業
徳島県を中心とした約2,000haの社有林において、森林資源の測量・解析・保全、林業(素材生産)、製材・木材加工、国産材の利活用までのバリューチェーンを構築。さらに、CO2排出権取引、バイオマス発電などへ展開し、環境保全、気候変動緩和策を実施。

森林活性化事業

森林活性化事業の詳細