トップページグループ事業紹介森林活性化事業

グループ事業紹介

森林活性化事業

地域の林業および木材関連産業の成長産業化を通じて、環境保全、気候変動緩和策を推進

日本アジアグループは2016年に森林プロジェクトチームを立ち上げました。当社グループが保有する空間情報技術、再生可能エネルギーおよび金融分野での知見を最大限に活かし、日本の国土面積の3分の2を占める森林に内在する潜在的価値を顕在化させると同時に、木材関連産業の成長産業化を実現し、国内総生産額の拡大と地方創生ならびに雇用の拡大に貢献します。

森林の発掘

徳島県三好市を中心に四国で約2,000haの森林を保有し地理空間情報技術を活用し、課題解決に取り組んでいます。

山林の抱える課題

  • 所有者の高齢化
  • 継承者不在/相続
  • 植林・育林の手間
  • 木材価格の低迷
  • 地籍・境界不明確
  • 非効率な生産体制
森林の発掘:徳島県三好市

森林の価値向上

森林を取得・集約化し、森林情報をデータ化、整備・解析することで、価値を高め、生産林への転換を進めます。

価値向上への取り組み

  • 材積計測(レーザ測量)
  • 境界確定作業
  • 3次元地形データ作成
  • 集約化
  • 情報化施業
  • スマート林業
  • i-Forestry
森林の価値向上

各画像をクリックすると拡大写真が表示されます。

林業バリューチェーンの構築

国内林業の再生において、付加価値の高いバリューチェーンの構築が急務です。国産材の安定供給体制を整備すると同時に新たな需要の創出・拡大が 地域の林業および木材関連産業の成長産業化、ひいては環境保全、気候変動緩和策へとつながっていきます。

生産活動・商品・スキーム

  • 継続的な森林整備の実施
  • 原木生産活動(間伐・主伐)
  • 木材/製材加工・販売事業
  • 森林ファンド組成/CO2排出権創出
  • 森林所有権譲渡取引

画像をクリックすると拡大写真が表示されます。

事業会社

会社名 概要
株式会社坂詰製材所 約50年の業歴を有する新潟県有数の製材/プレカット事業者で、年間約800~1,000棟分のプレカット材を出荷しています。