トップページ投資家情報(IR)免責事項・IRポリシー

投資家情報(IR)

免責事項・IRポリシー

「日本アジアグループ免責条項」

1.IR情報ご利用にあたって

このウェブサイト上に掲載されている情報は、財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、当社は、内容についていかなる表明、保証を行うものではありません。
また、このウェブサイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行うさいは、このウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆さまご自身のご判断で行うようお願いいたします。

2.掲載情報に関して

当社は、このウェブサイトに掲載している情報に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがあった場合、第三者によりデータの改ざんがあった場合、データダウンロード等によって生じた障害等が生じた場合には、帰責事由のいかんにかかわらず、一切責任を負うものではありません。当社は、一切の責任を免責されます。

3.将来の見通しについて

このウェブサイトに掲載している情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれていることがあります。このような記述は、将来の業績を保証するものではなく、投資リスクや不確実性を内包するものです。将来の業績は、環境の変化などにより、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。

4.ウェブサイトの運用に関して

このウェブサイトは、予告なしに運営の中断、中止や内容の変更を行うことがあります。また、通信環境や、このウェブサイトを閲覧する方のコンピュータの状況、その他の理由によりこのウェブサイトを正常に利用できない場合があります。これらによって生じたいかなるトラブル、損失、損害に対しても、当社は責任を負うものではないことを、あらかじめご了承ください。

▲ページ先頭に戻る

日本アジアグループIRポリシー

1.IR活動の基本方針

当社は、株主、投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆さま方に、当社に関する重要な情報を正確にわかりやすく、公平かつ適時、迅速に開示することをIR活動の基本方針としております。情報の開示にあたっては、関連法規を遵守するとともに、当社および当社グループの事業活動を幅広くご理解していただくように、IR情報を発信いたします。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法その他の法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に従って情報開示を行っております。また、当社では、適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報であっても、投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報につきましては、積極的かつ公平に開示いたします。

3.情報開示の方法

適時開示規則にもとづく開示事項に該当する情報開示は、東京証券取引所のTDnetにて開示しております。この適時開示情報システムで公開した情報は、当社のホームページに速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則にもとづく開示事項に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえた適切な方法により、できるだけ正確かつ公平に当該情報が投資家の皆さまに伝達されるよう配慮してまいります。

4.このホームページの位置づけ

このホームページは、インターネット上で当社の情報を閲覧する方を対象にしております。公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報をこのホームページに掲載していますが、通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、このホームページにおける情報開示は、あくまで補助的なものとして位置付けています。また、このホームページでは、TDnetにおいて当社が開示している情報の一部が掲載されていないこともあります。このホームページの閲覧にあたりましては、これらを十分にご理解頂いたうえで、ご利用いただきますようお願いいたします。

5.沈黙期間について

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、投資の公平性を確保するために、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としております。この期間は決算に関連するコメント、および質問に対する回答を差し控えております。