トップページ「共通価値の創造」に向けて

「共通価値の創造」に向けて

日本アジアグループは、展開する事業そのものが、 “社会的な課題の解決と企業の利益、競争力向上を両立させ、社会と企業の双方に価値を生み出す仕組み「共通価値の創造(CSV:Creating Shared Value)」” であるべきだと考え、様々な活動を行ってまいります。

災害調査活動

当グループは、自然災害の復旧・復興活動に対し社会基盤整備と空間情報に関する総合コンサルタント企業として、被災情報を把握するための航空写真撮影や、専門技術者の派遣などを行っています。
「安全・安心」なまちづくりや、「防災・減災」への取り組みは当グループの責務であると考えています。

地球環境保全

当グループでは地球規模でのグリーン・コミュニティの実現をめざし、さまざまな事業活動を行っています。

地域貢献活動

地域社会に根ざしたまちづくりの研究、提案に努めています。

国際協力活動

世界的規模から地域レベルにいたる諸問題を解決するための企業のグローバルシチズンシップ(地球市民活動)を支援する活動に貢献しています。

ダイバーシティーの実践

1985年に東京都との共同出資で設立された株式会社TDSは、東京都初の第三セクター方式の企業として設立されました。現在は、当社のみが資本参加をしていますが、企業設立時の精神を受け継ぎ、ダイバーシティの実践に寄与しています。

次世代を担う子どもたちの支援

日本アジアグループは、難病や社会的困難に直面している子どもたち、ご家族が必要としている医療福祉支援を提供することを目的に活動するNPO法人アジア・チャイルドケア・リーグ(ACCL) の活動を支援しています。