トップページニュースリリース:平成29年7月九州北部豪雨の被災状況マップが狭域防災情報サービス協議会より公開されました

ニュースリリース

平成29年7月九州北部豪雨の被災状況マップが狭域防災情報サービス協議会より公開されました

平成29年7月5日より降り続いた豪雨により甚大な被害が発生した九州北部地域において、特に被害が大きかった福岡県朝倉市、大分県日田市を中心とした地域の被害状況を俯瞰的に把握することができる「被災状況マップ」が公開されました。

この「被災状況マップ」 はグループ傘下の国際航業が協力する、狭域防災情報サービス協議会(所在地:埼玉県さいたま市、理事長:須藤 三十三、略称:MMDIN)によって作成・公開されました。

■「被災状況マップ」 URL: http://www.mmdin.org/agonline.html

■ 国際航業では「平成29年7月九州北部豪雨災害」について7月7日および7月9日に一時的に雨が止んだ時間を利用して航空写真の撮影を行い、速報版としてHPに掲載しています。ご参照ください。http://www.kkc.co.jp/service/bousai/csr/disaster/201707_north_kyushu